窓口は必ずしも対人ではない

銀行のカードローンの利便性は、最近では消費者金融のキャッシングに迫ろうかという勢いです。消費者金融のキャッシングの利便性の高さを象徴するものとして、無人契約機をあげる人もいます。

 

しかし最近では、銀行のカードローンでも「テレビ窓口」というものを導入して、利便性を高めようと努力しています。

 

銀行のカードローンのテレビ窓口は、その役割は消費者金融のキャッシングの無人契約機とよく似ているものです。銀行の営業時間外でもテレビ電話は稼動していますし、テレビ電話の周囲は壁に覆われていますので、申込みや契約の様子を他の人に見られることはありません。

 

しかし、テレビ電話と無人契約機では、その役割に若干の違いがあります。消費者金融の無人契約機は、それがもはや申し込みにおける主たる戦力となっております。無人契約機の普及に伴って、消費者金融の有人店舗は減少の一途をたどっています。

 

その一方で、テレビ電話の存在というのは、あくまでも窓口のサポート役と言った感じです。あくまでもメインは銀行の窓口であり、窓口が閉まっているときだけテレビ電話のお世話になるといった感じです。とはいえ、窓口営業中であってもテレビ電話を使用することももちろんできます。

 

無人の窓口とも言える無人契約機は、アコムが最初に設置をしました。アコムは便利に借りられ、東京都などの関東圏以外でも宮崎市アコムも利用が可能となっています。